【ケバブが食べたい】鳥取からケバブへの愛を語る

SHARE

【ケバブが食べたい】鳥取からケバブへの愛を語る

鳥取に足りないもの…

そう、ケバブ!!

 

ケバブとは…

トルコ料理の中でももっともポピュラーな料理の一つ。香辛料やヨーグルト、マリネなどで下味を付けた肉を大まかにスライスして積み重ね、特別な垂直の串に刺し、あぶり焼きにしてから外側の焼き上がった褐色の層を大きなナイフで薄くそぎ落とした肉料理である。

原型はマトンかラム肉のみを使うが、現在では子牛や牛肉、シチメンチョウや鶏肉などが使われている。ライスやサラダを添えてメインディッシュとして、また、屋台などで売られているドネルケバブでは、ピタパンなどにケバブと野菜をはさみ、好みのソースをかけて食べる方法が広がっている。

 

文章で説明すると????ですが…

写真で見たら一目瞭然。

秋葉原の屋台(主にキッチンカーであることが多い)やトルコ料理専門店ででてくる…

例のアイツ!!

 

そう。ピタパンにシャキシャキキャベツの千切りをたっーぷりいれて…

肉塊から薄く削ぎ落とした…ロースト肉をトングでバッと詰め込んで…

よくわからないサーモンピンクのソースがかかってるあの…

ケバブサンド!!

これ!!!!

なぜかよくわからないがケバブサンドが好きである

なんの因果かわからないが、生まれてこのかた私は”ケバブサンド”がとても好きである。

初めての出会いは、テレビだったように思う。

海外のグルメ特集かなにかで見た。

イスラムとアジアとヨーロッパの雰囲気が交じる、
トルコという国の料理として紹介されたそいつは実に美味しそうだった。

じっくりローストされてクルクル回る肉塊から削ぎ落とされた肉をこれでもかというくらいピタパンに突っ込む姿に生唾をのんだ…反則だ。なんだあの肉の塊、齧りたい。

「世界には美味しいものがたくさんある」

 

そして、時は経ち、初めての秋葉原…

あった!

500円玉を握りしめて買った、初めてのケバブ。

片言の店員に「ソースハカラクチデスカ?」とか聞かれて…

ホントはヨーグルトが混ざったちょっと通っぽいソースを頼みたかったけど、

初めてスタバで「トールで!」とか伝えた気恥ずかしを胸に感じて、

「辛くない奴で!」

と答えてしまったけど。

そんなことはどうでもいいくらい

 

初めて食べた異国の味は

美味しかった!!!

この一言に尽きる。

なんだあれ、めっちゃ旨いやん。

 

てことで、東京でケバブ屋台見かけるたびについつい買ってしまう。

羽田空港の2Fのケバブは高いけどついつい食べちゃうんだよなぁ…

この記事書きながら、もう一人ケバブの虜になってる人見つけた(笑)

東京のケバブ屋を根こそぎ紹介するブログ(東京のケバブを食べつくせ!)

ほんと、旨い。ケバブ、最高。

一周回って、鳥取の話

 

話を鳥取に戻します。

鳥取なにたべ!”という己の食欲のままに鳥取のグルメを食べ歩き、Twitterやブログで\発信/する という活動を続けて早2年。

正確には、鳥取に来てから丸6年近く食べたものを写真に撮り続けている。

編集長とは名ばかりに200店舗以上(下手したら300店舗近く)の飲食店に足を運んで分かったことがある。

鳥取県、
多国籍料理の店少ない

年末に、なにたべ!に使う写真の整理をしていて思った。

 

珈琲とカレー屋と海鮮系は多い。あと、焼肉屋。

だけど、イタリアンとかフレンチ少なくない?

薄々気づいてたけど、ほんとにない。

あってもインド系のカレー屋とか!

アジア系のカフェはちょっと増えてきたけど(アイワナドゥさんとかトリドリさんとか)

というか、そもそも鳥取は飲食店少ない。

 

私は!

鳥取で!

ケバブが食べたい!!

 

誰か出店しないかな…(願望)

関西とか中四国で美味しいケバブ屋の情報お待ちしております。切に。